Infomation

cube space club information page

カテゴリー

最新の記事

リンク

笑点暦

ヒヤシンス

アトリエ花水彩教室三月のお題は「ヒヤシンス」です。
PICT0003_20160318172903ab6.jpg
ヒヤシンスは、地中海沿岸と北アフリカが原産の球根性多年植物です。
茎丈が20~50cmあり、甘い芳香を放つ直径2~3cmほどの花をたくさん咲かせます。
日本に入ってきたのは江戸時代の末期頃で、当時は錦百合(ニシキユリ)と呼ばれていました。
そして明治時代に入ると飛信子(ヒヤシンス)、風信子(ハヤシンス)と漢字が当てられ、大正時代中期に一般へ広まっていきました。
(花言葉引用)
  1. 2016/03/18(金) 17:29:58|
  2. 作品

フリージア

アトリエ花水彩教室二月のお題です。
PICT0002_20160224143044c8d.jpg
フリージアの名前の由来は、ドイツ人医師のフレーゼさんの名前からです。
ある日、エクロン(C.F.Ecklon)さんというデンマークの植物学者が南アフリカで植物採集をしていた時に発見した植物が、フリージアでした。エクロンさんは親友のドイツ人医師のフレーゼさんに表敬して、フレーゼさんの名前からフリージア(Freesia)と名前を付けて発表しました。
(花言葉引用)
  1. 2016/02/24(水) 14:31:56|
  2. 作品

ゼラニウム

11月のアトリエ花水彩教室のお題です。
PICT0002_201511281205207a2.jpg
花言葉は「君がいて幸せ」です。なんて幸せを連想するフレーズでしょうか。
ハッピーな2人をイメージしますね。
またお年寄りの夫婦が長年連れ添って「君がいてしあわせだった」というような言葉を最後にに残したら充実した人生だったと思えますね。(花言葉から引用)
  1. 2015/11/28(土) 12:06:44|
  2. 作品

曼珠沙華

アトリエ花水彩教室10月のお題です。
PICT0002_201511041233479b3.jpg

花名「彼岸花」は秋のお彼岸の頃に開花することに由来します。
彼岸花は、球根に毒をもつ植物としてよく知られており、食べてしまうと吐き気や下痢を引き起こし、最悪の場合死に至ることもあります。その毒によってもぐらやネズミ、土中の生き物から土葬した遺体を傷つけられないようにするために、お墓の近くに植えられています。(花言葉引用)
  1. 2015/11/04(水) 12:34:34|
  2. 作品
次の記事

Powered By FC2ブログアフィリエイト